ニキビとは

ニキビは、皮膚の炎症による疾患で、顔・胸・背中等に見られます。青年期にできるものは「思春期ニキビ」と一般的に呼ばれていますが、それ以外は「吹き出物」と言われます。男女問わず、10代の若者から大人まで、様々な症状であらわれます。原因と症状として、皮脂が多く分泌する部分にできやすく、思春期になるとホルモンの働きが活発になり、皮脂の分泌も多くなります。毛穴に皮脂や汚れが詰まって細菌が増殖することが原因となります。また、大人の場合は、体調が悪い時や便秘などが原因で起こります。発症する場所は、顔や背中だけでなく、おしりや足にもできる場合があります。症状としては、初期の黒・白ニキビから始まり、丸く赤いポツポツができます。赤ニキビが悪化すると、赤く腫れあがり炎症を起こします。毛穴に膿が溜まってしまい、赤く腫れた部分は熱を持ちます。この状態まで悪化すると、真皮まで傷つけることにより跡が残ってしまいます。皮膚が陥没状態のようになり、ケロイド状になる人もいます。また、色素沈着により茶色くシミのように残ってしまいます。思春期にできるニキビは皮膚疾患としての認識がない事が多く、放っておくと症状を悪化させる事になります。ニキビは医学的に表現すると、尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれ、皮膚の病気です。アクネケア製品や医薬品だけに頼らずに、自分の症状を知るために、皮膚科へ行って相談する事も必要ではないでしょうか。